健康ゆすりが健康に貢献 | 健康ゆすりが股関節に悩む人を救う!

健康ゆすり  健康ゆすり  健康ゆすり
健康ゆすりが股関節を救う!!
健康ゆすりが健康に貢献 | 健康ゆすりが股関節に悩む人を救う! 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2016.07.03 Sunday|-|-|-|-

股関節に悩む人に健康ゆすり

私の知り合いの方で股関節変形症で

歩行にも、やや困難をきたしている人がいます。

それで、仕事にも影響が出てきて結局、今のままでは

だんだん歩行が困難になり、仕事どころか普通に歩くことさえ

ままならなくなるだろうと悲嘆しています。

そんなこともあって、なんとかならないのだろうかと

股関節変形症について調べてみました。



股関節変形症とその症状は?
 


一言で言えば、股関節の軟骨がすり減って痛んだり、
その痛みのために動く範囲が規制される症状を言います。

股関節に発症する慢性の関節炎。股関節の構成要素の退行変性により、
骨・軟骨の破壊と
骨棘(こつきょく)などの増殖性変化をきたす疾患(しっかん)です。
変股症(へんこしょう)、股関節症と呼ばれることもあります。

 


股関節症の症状は関節の痛みと機能障害です。
股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるため、立ち上がりや歩き始めのときに
脚の付け根に痛みを感じます。

関節症が進行(悪化)すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や
夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。

一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、
和式トイレ使用や正座が困難になります。
また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、
台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。
階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になるなど、日常生活にも
いろいろと支障を生じます。

変形性股関節症は女性に圧倒的に多いです。
これは女性の股関節のお椀が浅いこと、筋力が弱いことなどが影響していると言われています。
また、女性の骨盤は出産をするという特性で横に広くて、
男性より股関節に大きな力が掛かり易いことが影響しているようです。






ジギング(健康ゆすり)が股関節症にどう作用するのか?

関節表面を傷つけた動物の膝関節を繰り返し動かす(すり合わせる)と、
傷ついた軟骨が修復される、という事実に基づいています。
また、24時間動いている胸部の関節(呼吸で動きが止まることは通常ない)には
股関節症のような痛みを伴う症例がない。


●健康ゆすりは、関節に力を加えずに摩擦をさせることによって軟骨ができるとのことです。
しかし、健康ゆすり(ジグリング)も一種の運動療法であることに違いありません。
股関節に疾患がある人は関節に過度の負担を掛けないように運動するのが
基本です。ジグリングも長時間実施すれば、筋肉が痛むようなこともあり、何のための
療法か分からなくなってしまいます。
特に初めのころは関節症にいいからと言っても、5分やっては1時間以上間を開けて
また5分というように、自分の体の様子を伺いながらジグリングをしましょう。 


健康ゆすり(ジグリング)に期待できる効果としては
股関節周囲の筋肉が緩んで臼蓋と大たい骨頭の隙間ができてきます。
それで、股関節の軟骨への圧迫が緩み、軟骨への栄養供給が円滑となり
軟骨の再生につながるのだと考えられています。




ジグリング(
健康ゆすり)については、肯定されない先生もいらっしゃいますが、
福岡県柳川市のクリニックでは現実にジグリングをして相当数の患者さんに
改善が見られた(現在も)という事実はジグリングの効果を肯定するに足る
現実ではないでしょうか?

その事実はこのビデオで確認できます

⇒⇒⇒
https://youtu.be/7eJ3DpjiJQk


現在、このジグリング(健康ゆすり)を自動的に行う器具が
販売されているようです。
もともと、貧乏ゆすり(健康ゆすり)している人は無意識で出来てるでしょうから
必要ありませんが、しない人には案外難しいのがジグリングです(笑)

自動ジグリング器の詳しい案内です >>>【健康ゆすり】




.


2016.07.03 Sunday|comments(0)|-|-|-
Copyright © 健康ゆすりが健康に貢献 | 健康ゆすりが股関節に悩む人を救う! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます